【いぼの治療を受ける前にチェック】専門医院を選ぶコツを紹介

皮膚科で受けられる施術

レディ

美容整形外科との違い

体と顔にできてしまういぼは基本的に皮膚科に行って治療してもらうことになりますが、適切な治療方法によっては美容外科を紹介されることもあります。皮膚科で行う施術はメスや医療用ハサミを用いた切除手術、液体窒素で固めて除去する施術、そして服用薬と軟膏などを用いて治す方法があるのです。いずれも効果的で単純にいぼを除去するのであれば問題ありませんが、問題なのは顔の皮膚と一体化してしまっているいぼとなります。これを外科的な方法で安易にとってしまうと跡が残りやすく、ウイルス性であった場合は悪化してしまう可能性もあるので気を付けなくてはならないのです。ウイルス性であれば液体窒素がとても効果的ですが、より傷跡を目立たないように仕上げるには炭酸ガスレーザーを使うこともあります。この炭酸ガスレーザーを使う治療は保険が適用されないのでコストがかさみがちですが、傷跡が残ってノイローゼになる可能性を鑑みるとより確実な方法を選ぶべきです。いぼ治療は多くの人が後回しにする傾向にありますが、実際放置したところで急に悪化する可能性は低いので焦らずに治療を進めるべきでしょう。あわてて美容外科に行かなくても皮膚科で安く確実な治療を受けることは十分可能なので、体にできて痛いいぼは液体窒素で早めにとってしまうべきです。顔にできている場合には皮膚科の医師と相談して、そのまま皮膚科の外科的な施術で対処するか、美容外科でじっくり治すかを考えていきましょう。薬を処方してもらい自宅でケアできるいぼもあるので、無理に外科手術をしなくても気長に治療を進めていくことはできます。自分に合った方法を模索するためにも、皮膚科で自分の考えと要望をすべて伝えて納得できる治療を受けるように心がけましょう。足の裏にできる魚の目など目立たない箇所の場合には遠慮なく外科的な方法をとることができるので、その場合は手っ取り早い方法をお勧めします。できものというのは放置しても自然治癒することはほとんどなく、いつまでも体に残り続けてしまう疾患です。放置しても悪化するようなことは少ないですが、ストレスの原因になりやすいので一回は皮膚科で見てもらうように心がけましょう。何年も気になっていたものが一回皮膚科に行っただけできれいに治ってしまうことも珍しくないので、市販薬を使ったりせずすぐ医者に診てもらうべきです。液体窒素が主流となっていますが、鍼灸などの珍しい方法も多種多様にあるのでよく話を聞いてからいい方法を選ぶようにしましょう。

Go to Top