【いぼの治療を受ける前にチェック】専門医院を選ぶコツを紹介

美容の鉄板を抑えよう

カウンセリング

照射型機材の全貌

老化現象で一番気になる現象を注目していくと、女性を中心に声が上がるのがいぼの症状です。そのため美容整形外科では常日頃新しい技術が開発され、現代では患部や体内環境に合わせたセッティングの治療機材が存在しています。中でも飛躍的に進化を遂げたのがいぼのレーザー治療で、患部の状態によっては光を照射するだけで治療が行えます。そのため術痕が残る事を心配する美意識の高い方からの支持が厚く、年々受診希望者数を増やしている現象を維持し続けています。深度の深いいぼの場合は、皮下組織に存在するメラニンや血管に対して作用し、膨張してしまった組織の再構築を促す形で治療します。この場合も表皮には深く干渉しない影響で術痕が目立たないため、医師の診断次第で人気の筆頭に現れる施術の一つとして有名です。しかしこれらの方法は施術回数を少なく抑える事を重視しているので、いぼの肥大化が激しい場合はルビーレーザーの使用が推奨されます。この方法は強度の強いレーザーを複数回に分けて受診する事で、徐々に綺麗な肌にしていくシステムになっています。そのため敏感肌の人でも受診できるため、多くの人の肌の美化を可能としている点が人気を呼んでいます。費用の構成は主にレーザーの照射回数で変わり、患部の大きさにもよりますが1回1000円以下に落ち着いているため、受診しやすい治療法として有名です。また費用の上限額が設定されている事も多く、費用を抑えるべく患部の状態を観察し、医師が別のレーザー機器を使用する対応力の高さも評判です。目安としては1cmのいぼに対して10回のレーザー照射で治療できる事例が多いので、受診前に予算を把握して受診する方が多くいます。また医師がルビーレーザーと比較選択した上で使用する炭酸ガスレーザーの使用も、術痕が残らない施術として人気があります。一番のポイントは体内の水分の温度を上げその熱でいぼ治療を行っていく点で、盛り上がりのあるいぼの多くに効果があります。水分の温度上昇と同時に、いぼのくり抜きも行えるため、深く根付いているいぼにはさらに高い効果を期待できます。いぼの除去が終わったら再度患部に対してレーザー照射を行い、患部を凝固させる形で仕上げるため、術痕を見つける事が困難な程綺麗な仕上がりになります。このタイプの機材には正常な皮膚を感知する機能が搭載されている事が多く、安全性の面でも高い評価を獲得している方法です。なのでデコルテや腕等、アクセサリーを装着する部分への治療事例が時を追う度に飛躍的に伸びています。

Go to Top